子離れを感じたできごと。

お盆明けの今日も暑く、セミが大合唱していましたね。
この時期になると
どこの家庭も
宿題終わらせたの?
自由研究はしたの?と親も子も何となくソワソワですね。

お盆休み、恒例の海に行ってきました。
子ども達と
夏休みの宿題を海に行く日までに終わらせる努力をしようね。
との、前々からの約束に・・・
子どもなりにバタバタしながらも前日を迎えました。

子ども達に向けて、明日海に行くことを伝えたところ、
高校生の長女はさらっと

「友達と会うから行かないよ」と娘。

「えっ???」

家族みんなでお出かけが当たり前と思ってた私。
何度か「一緒に行きたいなぁ。」と誘っても
娘の気持ちは揺るがず。

その時に[子育て四訓]のフレーズが浮かびました。

” 青年は目を離せ、心を離すな ”

家族と一緒よりも友達を優先する娘。
少しずつ親離れしているんだなぁと感じる出来事でした。。

ちなみに[子育て四訓]とは、

一、 乳児はしっかり肌を離すな
一、 幼児は肌を離せ、手を離すな
一、 少年は手を離せ、目を離すな
一、 青年は目を離せ、心を離すな

子どもの成長に合わせて、
親の心の持ち方も変えていかなければならない。

家に残してきた娘には
「今、海に着いたよ。貝殻お土産にもっていくね」
と、電話で気にかけている気持ちを伝え、娘も喜んでくれました。

そして、長男と次男は反抗期真っただ中!

” 少年は手を離せ、目を離すな ” が、ピッタリ。

目を離すのは、まだ危なっかしい・・・見守る時期です。
ぐっとこらえる時もあり、ガミガミ言う時もありですが
親も成長できるいい機会に思います。
画像の説明
そんな2人は、海で大はしゃぎ♪
その姿を夫と見て
もう少し私たちに見守らせて・・と心で思いました。

(yumi)

コメント


認証コード5592

コメントは管理者の承認後に表示されます。