今日のごはんはなあに?

お盆休み中、もう寝る時間だよと寝かせようとするも「今日だけ特別」とお友達と夜遅くまで起きていた息子。翌朝も嬉しさのあまりいつになく早く起きてきて…

週明けに体調を崩しました。おたふくのように腫れ上がった顔は見るも痛々しい。「お母さん、やっぱりちゃんと早く寝ないとこうなっちゃうんだね…」と身をもって学習したようです。こういう経験も大切かもしれません。

さて、今週はホームドクターでも弥生さんから夏野菜の美味しい料理法を教えていただきました。忙しいと、ついついワンパターンな食卓になりがちですが、子供たちが「お母さん、今日のごはんなあに?」と楽しそうに聞いてくる姿、「美味しい!」と喜んで食べてくれる姿を思うと、ちょっとだけ手をかけて色々なお料理を作ってみたくなります。

作るのも、食べるのも楽しくなっちゃう絵本がこちら。

画像の説明
『きょうのごはん』(加藤休ミ 著、イラスト、偕成社)

夕方になると、あちこちから美味しい匂いが届きます。
そんな夕方の商店街から始まる絵本。猫さんがあちこちの夕食を見て回ります。カレーライスのお家のページで「お母さん!これ写真みたいだよ!」と息子大興奮した程イラストもきれいです。家族団らんの楽しい食卓の風景を見ていると、お腹が空いてきて、これが食べたいな、あれが食べたいなと楽しい絵本です。

画像の説明
『ごはん』(平野 恵理子著、福音館書店)
こちらの絵本も食欲が出て、親子でワクワクできる絵本です。

毎日の食卓。特別なことはなにも必要ないけれど、一品だけ家族の喜ぶおかずをつくったりすると、素直な子供たちに「お母さん、ありがとう!」「美味しい!」って言ってくれます。みんな揃って団らんできるって幸せですね。

コメント


認証コード6434

コメントは管理者の承認後に表示されます。