いろんなきもち♪

3月に入りましたね。
すっかり緩んだ気持ちに雪国らしい雪…ちょっと身体もびっくりしています。

新学期まであと1ヶ月。あっという間に過ぎて行きそうですね。仕事に復帰される方、お子さんの入園や入学など、変化の季節ですね。私も色々なことが重なるので、変化を柔軟に楽しめるようになりたいと思う今日この頃です。

そんな敏感な季節。
子供たちも色々な感情を感じているのでしょうね。
ワクワク、ドキドキ、うきうき、もやもや…

そんな色々な気持ちをお魚さんが教えてくれる素敵な絵本に出会いました。

画像の説明
『どんなきもち?』(ミース・ファン・ハウト作、ほんま ちひろ 訳、西村書店)

見開きの半分に色々な表情のお魚さん。

画像の説明

もう半分にそのお魚さんの「きもち」。
画像の説明

オランダの作家さんが描いたお魚たちの表情に引き込まれ、また訳された日本語を本人が描いていたそうです。

そんな素敵な作品が新潟の出版社さんから出ているというのを知ってますます嬉しい気持ちになりました。

画像の説明

画像の説明

いろいろな気持ち。
そんな気持ちを見て感じて。
最後には幸せな気持ちになる絵本です。

これから言葉を話すお友達にも、
いろいろな事を話し始めたお友達にも、
そして大人達にもおすすめです。

我が家では、「このお魚さんいるよね〜♪」「あっ、これパパだぁ♪」なんて家族みんなで盛り上がっていますよ。

(reina)

コメント


認証コード5069

コメントは管理者の承認後に表示されます。